防犯監視カメラの中にある遠隔操作

会社などにいるときに家の中の様子がどのようになっているかを知りたい場合があります。ペットを飼ってる人などは特にその様子を知るためにいろいろなことをする場合があります。そのときに便利なのがWebカメラです。インターネット上から映像を見ることができるようになっていますから、その様子を見ながら状況を把握することができる場合があります。そのときには同じ位置では困ります。防犯監視カメラの中にある機能としては遠隔操作があります。それによって角度などを外出先から変更することができます。高度な機能になると言葉を発することができる場合があります。カメラの部分にスピーカーが設置してあり、手元にあるマイクから話をすることでスピーカーから音を出すことができます。侵入している人がいるならその人に向けて話せる場合があります。子どもに話しかけることもあります。

防犯監視カメラは見ただけでわかる箱型のタイプ

テレビなどでタレントをドッキリに仕掛けるようなことがあります。このときには当然そのタレントの周りにあまりわかりやすいカメラなどを置いておくのは良くありません。ダミーであったり隠しながら撮影することになるでしょう。もしそれが見え見えのカメラであれば怪しいと感づかれて面白い行動をしてくれないことがあります。カメラに気づかれないようにするのがポイントになります。防犯監視カメラの目的は必ずしも撮影がメインではありません。それよりもカメラを見て逃げてくれることを望みます。そのことからタイプとしては箱方を用意することがあります。天井から箱のようなものがぶら下がっていてその先端にレンズが付いています。いかにも撮っていますといわんばかりに回転をしたりします。こちらは存在をアピールするためのカメラです。これに気づけば通常は出てくれます。

防犯監視カメラの種類

防犯監視カメラにもさまざまな種類があります。街頭でよく見かけるタイプのボックス型カメラは、存在感のある見た目でカメラの存在を周囲に認識させ、犯罪者や不審者を威嚇する効果があります。主に駐車場やコンビニやスーパーなどの店内の天井に設置されています。見た目だけで威嚇効果もあることから、撮影機能がないダミーカメラにも最適です。本物よりも低価格で防犯対策ができ、取り付けも簡単なので、一般家庭でのセキュリティ対策におすすめです。大きさによって屋外用と室内用に使い分けることができます。その他に、主に室内用で使用されるものにドーム型カメラがあります。カプセル型カメラともいい、一見カメラとは分からないようなデザイン性の高い外観が特徴です。照明器具のように見えるので、ボックス型カメラのような威圧感は感じにくく、オフィスのエレーベーターや廊下、ブティックなどに設置されています。