防犯監視カメラは1台設置すればよいか

マンションの場合、その部屋に入ろうとするときは玄関とベランダの2方向のみです。マンション自体に防犯機能がついていることもあるでしょうが、気になる場合はその2箇所をしっかり見張っていればほぼ侵入者を防ぐことができます。これが一戸建てとなるとそう簡単ではありません。まずは玄関に一台設置することになるでしょう。よく隠して設置するといわれますが、見えるようにした方が抑止力は高まります。防犯監視カメラを一戸建ての住宅に設置する時に1台でよいかどうかがあります。それぞれの家によって異なります。庭がほとんどなく隣との隙間もあまりないような横続きの一戸建てなら侵入経路も限られます。玄関と裏側ぐらいがポイントです。適度に広い住宅となると玄関、ベランダの他1階のそれぞれの窓のあるところも侵入される可能性がでてきます。担当者と相談をして設置場所を決めます。

防犯監視カメラでモーション検知の撮影

駅前などは人の動きが非常に多くなります。一方で住宅街になるとあまり人が通らないこともあります。一般の道路ならそれなりに人が通りますが、留守宅の庭になるとさらに人の動きが少なくなる場合があります。防犯監視カメラを設置しようとする時、多くの映像を撮影するのはいいですがそれを記録するには多くの容量が必要になります。またそれをチェックするのも大変なことがあります。そこであまり動きがないようなところで利用出来るタイプを利用します。モーション検知と呼ばれる機能がついていて、カメラで動きを検知した時のみ撮影されるようになっています。玄関に設置すれば来客があったときのみその人の映像が撮影されます。よほど来客が多いところでなければ1日に1時間も撮影されることはありません。記録の無駄も減りますし、内容チェックも楽です。

防犯監視カメラを外に設置なら防水機能

日ごろ見かける防犯監視カメラは屋内のことが多いです。建物の中の事が多いでしょう。駅やショッピングセンター、各店舗などに設置されています。建物の中の場合は基本的には水にぬれることはありませんから防水機能は不要です。防水機能をつけようとするとかなりコストが上がることもあるので気をつけなければいけないでしょう。設置場所によっては防水機能をつけた方がいいこともあります。玄関など屋外に設置する場合には防水機能付きにします。屋外でも屋根のついているところなら雨が当たらないからよいと考えることがあります。雨は上から下にのみ落ちてくるわけではありません。横向きに落ちてくることもあります。台風のときなどは風と一緒に水を吹き付けます。となると機械の中に水が入る可能性が大きくなり、防水機能がないと故障してしまう可能性がでてきます。